ビットコインとは?

当サイトは、ビットコインに初めて触れる人がビットコインについて理解を深めるためのサイトです。
ビットコインの始め方から管理方法までやさしく解説していきます。

ビットコインと仮想通貨

ビットコインを知る上でそもそもビットコインってどういうもの?という疑問を持つ人が多いでしょう。
結論から先に言うと、ビットコインは仮想通貨と呼ばれる通貨の1種です。

つまり、ビットコインを理解するには仮想通貨を理解することが一番の近道ということです。
では、仮想通貨とは一体何なのでしょうか。

仮想通貨と実際の通貨の違い

まず初めに、通貨という言葉を聞くと、あなたはどんなイメージを浮かべますか?
おそらく、円やドルのような紙幣や貨幣を想像するはずです。

では仮想通貨と、円やドルなどの実際の通貨との違いは何でしょう?

仮想通貨を分解してみると仮想と通貨の文字をくっつけて出てきた言葉です。
仮想通貨とは文字通り、仮想と通貨の意味合いを持っています。

仮想通貨の”仮想”とは?

仮想通貨の仮想は、その文字通り、実物は存在していません。
あくまでインターネットのデータとして存在しています。

イメージとしては電子マネーやゲームマネーのイメージするとわかりやすいですね。

例1:電子マネー

スイカやウェブマネーに代表される電子マネー。
実際に紙幣や貨幣を持っている訳ではありませんが、決済手段として利用できます。
実際に使うには、その国の通貨(円やドルなど)をチャージする必要があります。

例2:ゲームマネー

ゲームマネーはそのゲームだけでのみ使える通貨です。
現実の商品と交換することはできませんが、ゲーム内ではこのお金を通貨として利用する事で、アイテムを買ったりする事ができます。

仮想通貨の”通貨”とは?

これは文字通り通貨としての意味です。
日本では、「改正資金決済法」によって、仮想通貨(ビットコイン)が正式に通貨として国から認められています。
なので、ビットコイン決済ができるお店であれば、ビットコインを使ってショッピングを楽しむことができます。

仮想通貨と電子マネーとの違い

では、仮想通貨と電子マネーの違いは何でしょうか。

日本のSUICAを例に考えてみましょう。
SUICAは、円をチャージ(電子化)する事でコンビニ等でも利用することができます。
これは、あくまで円を電子化したものであり、カードやデータ上で日本円として決済されます。

一方、ビットコイン(仮想通貨)はチャージせずに、そのままの状態で決済することができます。
決済はスマートフォンからお財布携帯のように一瞬で会計をすませることができます。

この場合、消費されるのは日本円ではなくbitと呼ばれる通貨の単位が消費されます。
現在のビットコインの相場は40万円(2017年9月26日現在)です。
もし1000円の商品を買う場合、0.00025Bitを支払います。

ビットコインの価値はドルや円と同じように、価値が変動しています。
相場が落ちている時に円をビットコインに換えて、ビットコインの価値が上がった時に買い物をすれば、差額分がお得になります。

ビットコインは、2017年1月での価値は10万円ほどでしたが、8月末の時点で50万以上の価値に跳ね上がりました。
現在は、中国の仮想通貨に関する取引中止などの影響で40万円ほどで推移しています。

イラスト
電子マネー=国の通貨(外国では使えない)
仮想通貨=国境がない通貨(外国でも使える)
ゲームマネー=実際のお金ではない(ゲーム以外では使えない)

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術

現在、ビットコインを取り扱っているお店は国内でも増え続けています。

アメリカのAmazonでは既にビットコイン決済に対応していますし、日本でも近い将来、Amazonでビットコイン決済することが可能になる日が近いかもしれません。
国内でもマルイや、ビッグカメラなどがビットコイン決済に対応するなど、大きな話題になりました。

国の景気に左右されない仮想通貨は、海外旅行でも大きな魅力になっています。
国外では、自国の通貨よりもビットコインの方が信頼できるという声もあるほどです。

ではなぜ、ビットコインを始めとする仮想通貨が高い信頼を得ているのでしょうか。

それは、仮想通貨の根幹である「ブロックチェーン技術」に秘密があります。
このブロックチェーン技術は理論的にデータの改ざんが不可能だと言われています。

つまりビットコインを、ハッキングされない通貨です。
その強固なセキュリティは、世界中の金融機関が注目するほどです。